楽しさを教えよう

指導者 / 導入検討者 の方へ

教育には、教える側も教えられる側も、多かれ少なかれ、同じようなことの繰り返しで忍耐や辛抱が必要というイメージがあります。
私たちはそのイメージを刷新し、「自ら楽しく自由に学べる環境」を提供することが『Mind Render』のミッションと考えます。
様々な使い方ができる『Mind Render』を是非プログラミング教材としてご活用ください。

Mind Render とは

誰でも気軽に本格的な3次元プログラム作品を作ることができるプログラミングツールです。
パソコンやタブレットで、命令ブロックを組み立てるだけでゲームやストーリー、ショートムービーなど様々な作品を作ることができます。
(macOS / Windows / iOS / Android 対応)

導入に関するお問い合わせ

導入に関するご質問がございましたら、以下のアドレス宛にお問い合わせください。
『Mind Render』をプログラミング教育などに導入される場合、事前に以下のアドレス宛にメールをお送りください。
弊社から連絡をさせていただきます。

support@mindrender.jp

導入事例

聖光学院 特別授業

聖光学院 特別授業

2021年1月に聖光学院 中学校 (神奈川県) にて『Mind Render』を使った 3D 空間・VR の特別授業 (2日間コース) が行われました。
「プログラム作品」ボタンから、生徒さんが作成したプログラム作品の一部をご覧いただけます。

プログラム作品

特  徴

Scratchの次の教材として

Scratch の次の教材として本格的なプログラミング言語に進むと急にレベルが上がり、教える側、教えられる側ともに負荷が大きくなります。
『Mind Render』は Scratch と同じように命令ブロックを組み合わせてプログラムを作るので簡単に始められます。

ブロックプログラミングにプラスの要素を

3D技術や物理エンジンなどの要素も入っているため、より深く考えることができます。

さまざまなコンテンツを作成できる

ストーリーやゲームなどのサンプルプログラムを参考にしながら、アイデアと工夫でさまざまなコンテンツを作ることができます。

豊富なオブジェクトでより自由に

楽しいキャラクター、宇宙船、お城や高層ビルの風景まで、さまざまな部品 (オブジェクト) を自分で選んでプログラムを作ることができます。

内容詳細