声でクイズに答えよう

ラボ「音声認識をしよう」で遊ぶには事前準備が必要です。

1 必要なもの

・PC
・M5StickC Plus
・USB Type-C ケーブル

2 環境構築

1.VCPドライバーのインストール

  Windowsの場合:M5StickC PlusとPCをUSBケーブルで接続して、デバイスマネージャーからドライバーをインストールします。

  macの場合:こちらからドライバーアプリをインストールして起動します。(外部サイトが開きます。)

2.Visual Studio Code(VS Code) のインストール

  こちらからインストールします。(外部サイトが開きます。)

3.PlatformIO のインストール

  VS Codeの拡張機能で「PlatformIO IDE」を探してインストールします。

3 プログラムの実行

1.以下からspeech-recognition-udp.zipをダウンロードし、展開します。

ダウンロード

2.speech-recognition-udpフォルダをVS Codeで開きます。

3.speech-recognition-udp/include/wifi_settings.hを開きます。

4.ssid, passwordにWi-Fiを設定します。また、send_to_ipに音声認識の結果を送信するIPアドレスを設定します。
  constexpr char ssid[] = “SSID”;
  constexpr char password[] = “PASSWORD”;
  constexpr char send_to_ip[] = “192.168.XXX.XXX”;
  constexpr int send_to_port = 50001;
  * send_to_portの値は任意です。(Mind Renderの「音声認識をしよう」ラボでは50001で受け取ります。)

5.VS CodeのPlatformIOタブを開いて「Build」を押します。

6.M5StickC PlusとPCを接続した状態で「Upload」を押します。

詳しくはこちらをご参照ください。(PDFが開きます)