Mind Renderは、誰でも手軽に本格的な3次元プログラムを作ることができるプログラミングツールです。

コンテンツ
micro:bit

基本操作

初期設定 / 基本操作方法

『Mind Render』をどのように始めればよいかを説明します (ボタンを押すとPDFが開きます)。

事前準備

1

起動と実験室

2

操  作

3

プログラムの保存と共有

4

プログラム作成方法

プログラム作成方法(動画)

「スペースボーイ」ラボと「ゾンビ退治」を例に、どのようにプログラムを作成するかを動画で解説します。動画を見ながら実際に作ってみましょう。

スペースボーイ

空からやって来た小さな少年がネコと出会って、一緒に町にやってきます。でもそこには恐ろしそうな海賊が!

全10話のストーリーを楽しみながら、ところどころでプログラム問題に挑戦します。ストーリーの進行に沿って説明も表示されますので何をすればよいか迷うことはありません。

「スペースボーイ」は以下の順番で開くことができます。

Mind Render を起動 >「ラボ」を選択 >「ストーリーを作ろう」を選択 >「スペースボーイ」を選択

画像をタップまたはクリックして動画を再生できます。是非、音アリでご覧ください。

1~3話

4 ~6話

8~9話

9~10話

ゾンビ退治(ゲーム)

アリスと共に街をゾンビの大群から守ろう!

「ゾンビ退治」ゲームの作り方を説明しています。カメラの動き、アリスの動き、ゾンビの動きなどを個別に作っていきます。

「ゾンビ退治」は以下の順番で開くことができます。

Mind Render を起動 >「ラボ」を選択 >「ゲームを作ろう」を選択 >「ゾンビ退治」を選択

画像をタップまたはクリックして動画を再生できます。

[1] カメラのズーム

[2] アリスを動かす

[3] ゾンビの出現 (1体)

[4] ゾンビを動かす

[5] ゾンビを攻撃

[6] ゾンビの出現 (複数)

[7] ゲーム終了条件

[8] ゲームの演出

コンテンツ

Mind Renderのラボを紹介します。

プログラミングに初めて挑戦する人、プログラミング経験はあるけれどMind Renderr を使うのは初めてという人は「サンプルプログラム」でMind Render の基本的な使い方や、3D 世界でキャラクターを動かす方法を確認してみましょう。

Mind Renderの使い方に慣れたら、他のラボも見てみましょう。作品づくりのヒントとなるようあらかじめいろいろなプログラムが作って置いてあります。ラボの中を試しながら、少しずつ自分で作り替えていくことで自然にプログラミングのやり方を学ぶことができます。

サンプルプログラム

プログラミングに初めて挑戦する人、Mind Renderを初めて使う人はここから。

ゲームを作ろう

宇宙船着陸、落ちゲー、シューティングなど色々なゲームが入っています。

紹介動画を見る

ムービーを作ろう
[宇宙大戦争]

映画監督になったつもりでムービー作りに挑戦してみよう。

紹介動画を見る

ストーリーを作ろう
[フォレストガール]

ライリーが病気のおばあちゃんをお見舞いに行きます。

紹介動画を見る

ストーリーを作ろう
[スペースボーイ]

空から落ちてきた小さな男の子とネコが力を合わせて色々な問題に挑戦します。

紹介動画を見る

ストーリーを作ろう
[探偵ストーリー]

秘宝を守るマリーの元に怪盗からの予告状が!探偵と一緒に秘宝を取り戻そう。

紹介動画を見る

ちょっとお勉強
[ドローンを動かしてみよう]

町の上空をドローンを飛ばしたり、高層ビル街で人命救助に挑戦します。

ちょっとお勉強
[3Dで日本を知ろう]

色々なデータを使って地図上に三次元グラフを描きます。

ちょっとお勉強
[サーキットを走ろう]

ジョイパッドでサーキットを走ってみよう。

ちょっとお勉強
[大砲を撃ってみよう]

横風が吹く中や高い壁越しの目標を、プログラムでコントロールして狙います。

ちょっとお勉強
[天体の動きを観察
しよう]

惑星の自転や公転のプログラムを作ってみよう。

ちょっとお勉強
[AIと機械学習]

3種類の自動運転プログラムを紹介しています。

「2 Q学習」「3 ニューロ進化」は機械学習の環境を別途用意する必要があります。こちらから無料でダウンロードできます。(Unity Asset Storeが開きます

外部とつなごう
[micro:bitで遊ぼう]

micro:bitとMind Renderをつなぎ、ボウリングをやってみよう。

micro:bitにHEXファイルをインストールする必要があります。こちらから無料でダウンロードできます。

外部とつなごう
[micro:bitを探そう]

micro:bitとMind Renderをつなぎ、信号強度からmicro:bitとの距離を調べてみよう。

micro:bitにHEXファイルをインストールする必要があります。こちらから無料でダウンロードできます。

外部とつなごう
[レゴ(R) SPIKE(TM)をつなごう]

LEGO SPIKEを使って車を運転しよう。

事前準備が必要です。こちらをご参照ください。

外部とつなごう
[M5StickC Plusをつなごう]

M5StickC Plusを使って声でクイズに答えよう。

事前準備が必要です。こちらをご参照ください。

外部とつなごう
[UDP通信で対戦ゲームをしよう]

じゃんけんで対戦しよう

micro:bit

micro:bit と「Mind Render」を一緒に使っていろいろな実験をしてみましょう。

「Mind Render」のプログラムで micro:bit のセンサー値を使ったり、micro:bit で「Mind Render」のオブジェクトをコントロールしたりすることができます。

micro:bitを使った実験を紹介する電子書籍「Mind Render と micro:bit で遊ぼう!」はこちら(無料)

HEXファイル

『Mind Render』 で micro:bit を利用するには、「micro:bit v2」にHEXファイルをインストールする必要があります。

※『Mind Render』Ver.2.0.0 以降と「micro:bit v2」の組み合わせでのみ動作します。

※更新日以前に HEXファイルをダウンロードしている場合、「micro:bit v2」の HEXファイルを必ず更新してください。

HEXファイルの無料ダウンロードはこちら

更新日:2021年4月13日

ダウンロードおよび「ロッカー」機能をご利用の際は、インターネット回線通信料がかかります。

ドローン

『Mind Render』とドローンを接続していろいろな実験をしてみましょう。

『Mind Render』の中でドローン操作のシミレーションをしたり、『Mind Render』で本物のドローンをコントロールしたりすることができます。

※Tello Eduとの接続が可能です。

サンプルプログラムや、ドローン操作の様子を動画で紹介します。

紹介動画を見る